脱毛でコンプレックスから解放

私は、昔から毛深くて、そのことに非常に悩んでいました。

最初に悩み始めたのは、小学校の高学年から中学生くらいの、思春期真っ只中の頃だったと思います。

私は眉毛も濃くて、当時は剃ったり抜いたりはしていなかったので、周囲の人も眉毛はボーボーで太い時代でしたが、そんな中でも、私は人一倍、眉毛が濃くて太かったです。

それをクラスメイトの男子から指摘されて、面白がってからかわれたのが、すごく恥ずかしくてショックで、悩んでコンプレックスになっていったのだと思います。

冬場は、長袖を着ているので腕の毛だったり、脇の毛や脚の毛などもそんなに人に見えることはなくて、コンプレックスを感じなくて良かったのですが、たまに突然、家庭科の授業などの調理実習で手を洗ったりするときなどに、制服の袖をめくらなければならなくなったときなどは、本当に焦っていましたし嫌でした。

特に、夏場になると、体育の授業でもプールが始まるので、水着を着なければならなくて、無駄毛がコンプレックスで本当にプールが嫌でした。

そこで、中学校課高校生くらいでは脱毛をしたいと思っていました。

脱毛エステには、アルバイト代金を貯めて大学の時に通ってコンプレックスを解消しました。